ようこそ!北海道環境カウンセラー協会へ



 NPO法人 北海道環境カウンセラー協会(HECA: Hokkaido Environmental Counselors Association)は、北海道在住の環境

カウンセラー等により構成された 団体です。

 私達は環境保全に関する会員の専門的な知識及び経験に基づき、市民、市民団体、事業者及び教育行政機関等の各主体と

パートナーシップを形成し、環境保全活動の推進に貢献することを目的としています。

自然が豊かな北の大地「北海道」から、環境情報の発信を行っています。!

ラベンダー
(深山峠のラベンダーとログハウス)

 仕事、生活、教育と私たちの周りには環境問題がたくさんあります。一人一人、環境について考えてみませんか?

 

 当協会には、北海道の環境カウンセラーを始め、多くの環境のエキスパートが 加入しています。

「環境啓蒙の講演会をしたいんだけど、誰かいい人いないかな?」

「子供達に環境教育をしたい!でも、何から始めよう?」

「企業として環境保全に取り組みたい!でも、難しそう・・・」

 

 経験豊富な会員をご紹介いたします。 

「環境カウンセラー制度利活用ガイドブック」をご覧になりたい方は、ここをクリックしてみてください。

 

 北海道の派遣事業の対象となっている会員もいます。(旅費・交通費を、北海道が負担。詳細は、各ページをご覧ください。)

リサイクルアドバイザー派遣事業  ・北海道地球温暖化防止活動推進員

 


協力事業:令和6年8月10日(土)「冷たいミズゴケの熱いお話−実践編」

【日 時】8月10日(土)15:30ー17:00
【場 所】札幌市環境プラザ 環境研修室1

内 容湿地は、気候変動対策や生物多様性保全に重要な役割を果たしますが、

     近年、大幅に減少しています。今回のイベントでは、湿地の再生に

     取り組んでいる講師の坂元さんにお話を伺い、実際に幌向再生地に

     移植する「ミズゴケ」フロートを作成します。希望される方は、

     ミズゴケの里親として、自宅に持ち帰って育てていただくことも

     可能です。

【定 員】15名(参加費無料)
【申 込】
フォームよりお申し込みください。
【問い合わせ先】電話」011−728−1667 E-mail:ecoplaza@kankyo.sl-plaza.jp
     
【主 催】札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)

【企画・運営】環境活動コンソーシアムえこらぼ 
【協 力】特定非営利活動法人北海道環境カウンセラー協会


令和6年7月7日(日)現地見学会「幌向再生地のミズゴケを見に行こう」を開催します!

【日 時】7月7日(日)10:00ー12:00(現地集合・解散)
【場 所】
幌向再生地(北海道空知郡南幌町南8線西)
     *お申込の方に、詳しい場所をお伝えします。

内 容かつて夕張川下流部の幌向地区には、多様な湿性植物が生育する湿原が広がっていました。

     現在では湿原の名残がわずかに残るのみとなり、湿性植物の生育環境の減少と悪化が

     課題となっています。「石狩川下流自然再生計画」にて湿原の保全、再生が位置づけられ、
     地域と連携、協働した自然再生の取り組みが進められています。その取り組みや、ミズゴケの
     再生状況などの説明とミズゴケ分散移植体験を行います。

【服装等】一般的なアウトドア活動に用いる服装(長袖・長ズボン推奨)

     ある程度ぬかるんだ場所を歩くことを想定してください。
     手のひら側にゴムが貼られた手袋(ガーデニング用など)
     *ミズゴケの分散移植体験の際に、泥炭に触れるので、手が汚れます。
【申 込】
7月4日までに、フォームよりお申し込みください。
[問い合わせ先] E-mail:info@ec-hokkaido.com
【主 催】特定非営利活動法人 北海道環境カウンセラー協会
【協 力】札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会) 
*この事業は、札幌市さぽーとほっと基金の助成を受けて実施します。

ダウンロード
見学会チラシ(トンボなし).pdf
PDFファイル 1'022.5 KB

令和6年6月22日(土)、23日(日)「えべつ環境SDGs広場2024」に出展しました!

【日時】6月22日(土)、23日(日)10:00ー16:00
【場所】江別市野幌公民館(江別市野幌町13−6)


  開催報告は、2024年度事業のページをご覧下さい。


令和6年6月8日(土)「あそビバ!エコプラザ」に出展しました!

【日時】6月8日(土)11:00ー15:00
【場所】札幌市環境プラザ(札幌市北区北8西3 札幌エルプラザ2F)

内容1.「二酸化炭素は、どんなもの?」

      実験を通して、二酸化炭素について理解を深め、地球温暖化防止の取組を考えてみよう! 

    2.「ミズゴケって知っていますか?」

      二酸化炭素の吸収源ミズゴケについて知り、重要性を考えてみよう!

    3.「教えて!みんなのやってること~CO2を減らすため~」

      CO2を減らす取り組みについて考えてみよう!

  開催報告は、2024年度事業のページをご覧下さい。

 


 【5/26開催】講演会「サーキュラーエコノミー

            ~資源循環から最大限の効率化を生む新しいビジネスの発想とは~」 

 世界各地で推進されているサーキュラーエコノミー(循環経済)。この講演会では、環境事業コーディネーターとして、

企業の取組のサポートをされている柴田真年さんに、現在取り組まれている循環資源関連ビジネスについて講演いただきました。

●日 時 5月26日(日)15:15ー16:20 (会場・オンラインとも、開場は、15:05)

●会 場 札幌市環境プラザ 環境研修室1(札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ2階)

      オンライン(ZOOM利用)もあり 

●講 師 柴田 真年 氏 (環境事業コーディネーター、前(公財)北海道環境財団専務理事)  

●定 員 会場 10名、オンライン(ZOOM利用)20名 

●主 催 特定非営利活動法人 北海道環境カウンセラー協会   


「環境無料相談」(中小企業向け)のお知らせ

 令和6年度の中小企業向け環境無料相談は、オンラインで実施します。

 

 

 詳細は「お知らせ」をご覧ください。



 2023年度事業「伝えます!エコのコツ 環境カウンセラー活動紹介パネル展」のパネルと各種リンクを掲載しました。

 こちらから、ご覧いただけます。


 2024年5月20日(月)「ゼロカーボン北海道」のロゴマーク使用承認を更新

 北海道環境カウンセラー協会は2050年までに道内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボン北海道」の趣旨に賛同しており、北海道経済部ゼロカーボン推進局ゼロカーボン戦略課様からロゴマークの使用承認(更新)をいただきました。

                      (ゼロカーボン北海道ロゴマーク)→
*関連リンク
「ゼロカーボン北海道」ロゴマークとその利用について(北海道のページ)

環境カウンセラー活動事例集(令和5年3⽉環境省)に当協会前会長吉迫勝意氏の活動が掲載

 2019年度まで当協会の会長であった吉迫勝意氏(現高知市在住)の環境カウンセラーとしての活動が

環境カウンセラー全国事務局が環境省から受託した環境カウンセラー活動事例集に掲載されていますので、ご紹介いたします。お知らせから吉迫勝意氏の活動をご覧になれます。


第5回環境カウンセラー環境保全活動表彰の受賞 (2023年1月17日)

 北海道環境カウンセラー協会会員の安澤 典男氏が環境省の【脱炭素社会貢献賞】を事業者部門で受賞されました。

 授賞理由は以下のとおりです。

 ・北海道環境カウンセラー協会で自治体の環境施策推進に協力。行政やエネルギー関係機関の依頼を受け、

  エネルギー管理士登録特別研修やエネルギー管理員養成研修の講師を担当している。

 ・中小企業の省エネ対策を進めるため、診断・対策実行・効果検証の支援システムを構築した。

 ・また、自治体の水素関連産業参入プラットフォーム事業に参加してさまざまな技術開発を進め、移動式

  水素ステーションと燃料電池車(FCV)の導入を推進している。」

  ※本制度は特に優れた環境保全活動を行った環境カウンセラーに対して、その活動をたたえ、社会に広く

   知らせるため、環境大臣から表彰状を授与するものです。



 「プラスチック資源循環促進法」が2022年4月1日に施行されました。

 2021年3月9日(火)第204回通常国会に提出された「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案」が、6月4日(金)参院本会議で可決・成立し、2022年4月1日から施行されました。

海洋プラスチックごみ問題やマイクロプラスチックが環境問題として取り上げられてきています。

これまで使用済みプラスチックは、容器包装リサイクル法に基づき一般廃棄物(家庭ごみ)に関しては空き缶、ガラス瓶、紙容器などと共にプラスチック容器を対象として市町村が分別収集(市町村によって分別収集の内容は変わります)し、同法に基づく指定業者にリサイクルを委託する仕組みができていました。産業廃棄物の廃プラスチックは、これまでかなりの量が再生利用材として輸出されてきましたが、最近は諸外国の廃棄物輸入規制強化等により輸出は急減しています。

 今回の新法の成立により多様な物品に使用されているプラスチックに関し包括的に資源循環体制を強化し、製品の設計からプラスチック廃棄物の処理までに関わるあらゆる主体におけるプラスチック資源循環等の取組(3R+Renewable)を促進するための措置を講じることが可能になります。

*関連リンク
「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」の普及啓発ページ(環境省のページ)
環境省プラスチック資源循環促進法関連ホームページ(環境省のページ)



第3回環境カウンセラー環境保全活動表彰の受賞 (2021年3月19日)

 北海道環境カウンセラー協会の前会長 吉迫 勝意 氏が【環境大臣賞】を事業者部門で受賞されました。

 受賞者紹介文は以下のとおりです。

「多年、地域の環境カウンセラー協会代表や全国組織の役員を務め、自治体等と連携して環境セミナーや啓発 イベントを開催した。自治体の環境計画策定会議代表として知見を提供したほか、自治体のアドバイザーとして 3R活動を推進するとともに地域への再生可能エネルギー導入や企業の環境経営を促進、技術指導に尽力した。」(環境省報道発表資料

※環境カウンセラー環境保全活動表彰は、特に優れた環境保全活動を行った環境カウンセラーに対して、その活動をたたえ、社会に広く知らせるため、環境大臣から表彰状を授与する制度です。 

 

 

 


当協会のパンフレット

   北海道環境カウンセラー協会のパンフレットは本ページ上部に掲載しています。

   パンフレット表示ページ下部からPDFファイルのダウンロードもできます。  

 

 昨年度当協会が実施した事業については、ペ-ジ上部の「事業紹介」の2022年度をご覧ください。


2015年12月16日(水)会員専用ページを設けました。

  北海道環境カウンセラー協会会員の方は、是非ご利用ください。

  (投稿可です。会員で投稿を希望する方は下記のe-mailアドレスへ送信ください。)

※環境カウンセラーとは?

 環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を有し、市民や事業者等の環境保全活動に対する助言(カウンセリング)を行う人材として、環境省が実施する審査を経て認定を受けている人です。

 企業などで環境管理・環境保全のための具体的な取り組みおよび計画作りの実績などがある、地域の環境保全活動の実施および企画運営の実績などがある、人が登緑されています。

 詳しく知りたい方は、本ページ上部の「環境カウンセラーってどんな人?」をクリックしてご覧ください。